コンテンツへスキップ

52歳
出会い私があきらめていない年齢ではなかったと思ったのは、戦争の終わりです。
ルーチン...それは少しブームになりました
出会いのゴロマル選手と同義です。

すみませんが、ルーチンで
「通常の手続き、手続き、行動など」

神奈川 出会い

それ以前にゴルフをしたことのある話です

という国もあります
練習はほぼ毎日です。
100球目だけど、もう打たない
1時間かけて100個のボールに集中する

出会いで打つのは無意味だと思う
ボールを落としてそこに行く範囲を決めてください...
それがイメージと異なるならば、それはイメージを作るために多くの動きをします

20球に近づく
7番アイアン20ボール
5番アイアン10ボール
ウッドシリーズ10ボール
ドライバー20ボール
20球に近づく

出会い人たち!
負けると思う
一番負けたら大評価するべきだと思いますので
失敗しても大丈夫だと思います
私は大いに出会いしており、また同じ過ちを繰り返さなければなりません

善も悪もない
神奈川 出会い

そのような生き方は退屈です
失敗や負けを恐れてはいけません、私はたくさん挑戦しなければなりません
人生は1回に限られており、若いうちに
若い人たち!

人生の中で「出会いと敗者」と言う人がいます
あなたは一体何を勝ちましたか…あなたは何を失いましたか…?
それは私にとってただ変な感じです〜
戦後、ルバン島での任務中止命令を待つ間、29年間戦闘を続けた小野田進。
1974年、51歳の時、私は取り消された後日本に戻ることができました。
翌年、私はブラジルに行き、未踏の土地を開けて広大な牧草地を作りました。

1位は1位だと思います
あなたがそれを失い、神奈川するなら、あなたは努力をするでしょう...

神奈川「あなたは二番目に行かないのですか」と言った政治家。

1位を取るために戦っても仕方ない
しかし、あなたは知っています
神奈川 出会い

最初から2番目の目的は2番目の目的にはなり得ないと思いますが、

結果が同じ秒であっても内容は異なります〜

1日と2日であれば
今回は1番になろう…
最初から2番目でいいのなら…それまで

現在も猛闘している甲子園でも
失うことのために戦っているチームは誰もいません

その結果、失うしかない
負ける人がいるので勝つ人がいる

大変ですが、失うものは大きいです。
懸命に神奈川するのは美学だけではないと思います